お客様の声一覧
しあわせ家族探検会 西和不動産に届いた喜びの声をご紹介

建てた後も、家族と一緒に育つ家

一家写真

栗東市 / K様
担当:神園

土地に惚れこみました

イメージ写真

「家を建てるなら実家のそば」と最初から決めていたKさん。
結婚してからご主人の実家で暮らしていたご夫婦は、そもそも栗東を離れる気持ちはなかったと言います。
それと言うのも、ご夫婦ともにこの校区で育ったから。「夫婦で暮らすならば、賃貸にお金を払うよりも家を買おう」と漠然と考えていた時に、西和不動産販売の土地と出会いました。お子さんも生まれたばかりだったこともあり、子育ての環境を一番に考えたとのこと。土地の造成が始まっているのを見た時、看板を見て事務所へ飛び込んだとおっしゃいます。

「土地」+「いいと思えるモデルハウス」
セットですぐに決めました

イメージ写真

他の工務店ともお話をしたことがあるとのことでしたが、今一つしっくりとこなかったというKさん。気に入った土地が西和不動産販売だったことと、建てるならこんな家!と思っていた家をチラシで発見したことが決め手で「ここにお願いしよう」とご夫婦そろってほぼ即決だったそうです。
このチラシで紹介された家に足を一歩踏み入れた時、自分たちの暮らしを瞬時にイメージできたとのこと。
「押し売り感がなかったのもよかったんですね」とKさんは笑います。
実際にプランニングに入った時も、あれも、これもと希望を詰め込もうとすると「お子さんには危険かもしれません」などのように、専門家としての具体的なアドバイスが。理想が膨らみすぎていた家づくりに、的確な提案で「本当に自分たちにとって必要な、理想的な家」が見えてきたと言います。

広い窓のあるリビングが自慢です

イメージ写真

どうしても実現したかったのが、西和不動産販売の標準よりも大きく明るい窓。明るく開放的なその窓のあるリビングは、ご家族の一番のお気に入りの場所。
家を建てている最中にも、図面を見たり、現場を見たりしながらサイズを測り、このご自慢の窓を彩るカーテンや家具をネットで探したそうです。
落ち着いた色合いで、ゆったりとくつろげる空間。これも、ご夫婦の家づくりに対する思い入れがなした技。

暖かく、家族を包み込んでくれる家

「保温力のようなものを感じます」というのはご主人。お仕事から帰られた時にも、ぬくもりを感じるとおっしゃいます。冬も、エアコンだけで過ごせるのだとか。外断熱のチカラを体感できたとのこと。
また、西和不動産販売の標準である広いキッチン、ふたつの床下収納で家族の暮らしをサポート。
「収納でこれだけ便利に暮らせるとは思いませんでした」と奥様はおっしゃいます。
調味料から洗剤類まで分別して収められるため、安全面でもフル活用。また、リビングを中心に、キッチン・洗面所・トイレ・お風呂を効率よく配置することで、冬でもそれらの場を利用する際の寒さがないといいます。

月々の支払いにも不安はありません

イメージ写真

「最初にこれだ!と思った見学会の家で自分たちの暮らしが見えてきた」とおっしゃるご夫妻。
より具体的に、家に対して求めるものが決まっていきました。子どもが巣立って行った時のことを考えたら2階に過剰な部屋はいらない。それらの将来的な考えまでも、うまくまとめてくださいました、とおっしゃいます。
「収入に対してどれだけ借入をおこせるのかということと、その予算内でどれだけのものを建てられるのかというバランスに対する不安を見事に払拭してくれたのが担当の神園さんです」。
神園は、いくつもの銀行に足を運び、資金計画が比較できるよう走り回ったとのこと。「他の工務店と違い、建てた後の私たちの暮らしぶりにまで配慮してくれました。無理をしてまで買わなくても良い、というスタンスでいてくれたのです」とご主人は満足そう。

家族と一緒に育つ家

イメージ写真

実はKさん宅は、外構工事が未着手です。奥様のお父様が外構のお仕事をされているそうで、これから一緒に手を入れていく予定。
お父様も、せっかく家を建てたのならよいものをとおっしゃっているそうで、「これから外構を含む庭がどうなって行くのかも楽しみ」とKさんご夫婦。50坪の敷地で、庭も確保できたことも満足感に一役買っているよう。
お子さまも「ここ、わたしのおうち」と会う人会う人に告げるそうで、子ども心に”これが自分の家”と実感できているのでしょう。
奥様も、賃貸だったら”静かにしなさい”と言わなくてはならなかったところ、走り回っても叱ることもないことを考えると、思い切って建てて良かったとおっしゃいます。
また、分譲地の一画ということもあり、ご近所に越してこられる方々はおおむね世代が同じ。これから、地域との一体感が増してゆくことにも期待感をお持ちです。
家族と一緒に育つ家―お子さまと家との、今後の成長を楽しみにしておられるようです。

建築中・建築後のアフターフォローにも安心が

イメージ写真

ご主人は建設関係のお仕事をなさっています。
そのためか、仕事の最中に近くを通るごとに建築の作業をずっと見てこられたとのこと。
「雨の日の基礎コンクリートの養生もばっちり。また、大工さんとお話をすることもありましたが、”これぞ職人”という方ばかりで、安心してお任せできると確信しました」とおっしゃいます。
アフターフォローについて聞いてみると…。
「人が作るものですから、何かしらの不具合のようなものは出てきて当たり前。ですが、すぐに手直しに来てくださって安心できました。今後も何かあればすぐに連絡しますよ」。

やはり「人対人」で決めてよかった

イメージ写真

予算が許すなら、家は大きければ大きいほどよいと思っていた時期もあるとおっしゃるKさん。
「ゴリ押しの営業はしない一方で、私たちの夢を盛り込みながらも、それが本当に必要かどうかという部分をしっかり指摘してくれ、とことんプランニングに付き合ってくれました。おかげさまで本当に使い勝手も良く、子育ても安心してできるいい家になりました」。
多くの情報であふれかえる中、やはり”人対人”で決めてよかったとのこと。
これからも、西和不動産販売とのいいお付き合いが続いていきそうです。

ページの先頭へ