トップページスタッフブログ注文住宅と建売住宅どっちがいいのかな?

スタッフブログ

注文住宅と建売住宅どっちがいいのかな?

2017.02.13

住宅を購入する際、最初に悩むのは注文住宅にするか建売住宅にするか、ということではないでしょうか。

それぞれにメリットやデメリットがあるので、自分に適した選択をするためにも事前に知っておくことが必要になってきます。

住宅は人生の中で最も高価な買い物とも言えますので、後で後悔しないためにも両方を知って自分に合った選択が出来るよう準備をしましょう。

大津市関津20号地モデルハウス内観

■注文住宅について

 

・注文住宅のメリット

注文住宅のメリットは、住宅を思いのままにデザインできることでしょう。理想の住宅、こだわりのある住宅を望む方にはメリットがあるといえます。どこの建築会社に依頼するのかも自由なので、情報誌などで目にしたあなた好みのデザインを取り入れた住宅を建てることが可能です。

また、建築の施工過程を自分の目で確認することもでき、施工会社の方との良好な人間関係を築くこともできるため、建てた後に関する疑問なども施工段階から聞くことができ、設計施工について高い信頼をおける住宅になります。

 

・注文住宅のデメリット

注文住宅とは文字どおり注文により建築するため、打ち合わせや材料の確認の回数が増え、完成までに時間がかかります。さらに、土地購入と住宅建築の2つの工程があれば、それぞれについて交渉が必要になり、一層時間や手間がかかるかもしれません。また、メリットである「こだわり」も、度が過ぎると予算が膨らんでしまうこともあります。

 

■建売住宅について

 

・建売住宅のメリット

建売住宅は、完成しているものであれば実物を確認することができ、未完成でも間取りや設備などは決まっているので、購入後にイメージと異なるようなこともありません。また、価格も決まっているため、購入については計画が立てやすく、購入後に生活が辛くなってしまうということも少ないです。

一般的に同じような住宅の場合、注文住宅と建売住宅で比較をすると建売住宅のほうが費用を抑えることができます。「なんとか低予算で住宅を購入したい。」とお考えなら、建売住宅の方をおすすめします。

 

・建売住宅のデメリット

すでに完成していたり、完成後のデザインが決まっていたりする住宅なので、こだわりの強い方には面白みに欠ける住宅かもしれません。建売住宅のように完成している住宅の場合、施工過程を自分の目で確かめることができないので、ご自身で建てているところからチェックをしたいという方にとってはデメリットといえるかもしれません。

 

■まとめ

注文住宅と建売住宅のどちらがよいかを考えるとき、もっとも大切なのは、あなたが住宅に対して何を望むのかということになるでしょう。たとえば、「住宅については、こだわりがある。」あるいは「住宅については、合理的な方がよい。」などの考え方の違いで、選択すべき住宅は異なってくるのです。

人によって将来設計は変わるため、どちらが適しているかも変わります。お悩みの際はまずご相談下さい。

ページの先頭へ

Copyright (C) 西和不動産, All Rights Reserved.