トップページスタッフブログ耐震住宅テクノストラクチャーの家

スタッフブログ

耐震住宅テクノストラクチャーの家

2024.02.11 NEW

こんにちは

今、大津市大平の分譲地で公開中のテクノストラクチャー工法のモデルハウス

大平118モデルハウスLDK

写真ではわかりにくいですが、通常の木造住宅より空間が広くなっています!

なぜ、そんなことができるのか?構造的に大丈夫なの?

実は、このモデルハウスは、耐震性に優れている「テクノストラクチャー工法」で建築しており、

通常の空間よりも広く施工することが可能になりました

今回は、このテクノストラクチャー工法をみなさんに知って頂きたく、

大津市大平の分譲地でテクノストラクチャーの耐震説明会を開催しています

実際のテクノストラクチャー工法で建築した家もご覧頂きながらのご説明なので

どんな質問でも承っています

 

1.木と鉄の複合梁『テクノビーム』

木と鉄の複合梁『テクノビーム』

 木の強度は縦の力には強いですが、横の力には強くありません。テクノビームは地震などの一時的な力にも、経年劣化によるたわみにも強さを発揮します。

30年後のテクノビームのたわみは、木製梁の四分の一以下と高い耐久性を示しています!

2.耐震実験と構造計算

耐震実験と構造計算

 実物大のモデル住宅に震度7の激震を5回与える耐震実験を実施。

主要構造体、及び接合金具の損傷や変形は見られず、高い耐震性が実証されています。

3.パナソニックビルダーズ

パナソニックビルダーズ

 「テクノストラクチャーの家」は、パナソニックの施行認定を受けたテクノストラクチャー工法採用ビルダーだけが建設・販売できます!

所定の研修を終了し、認定を受けた施工管理者が現場を管理するのも特徴です!

4.テクノストラクチャーが生み出す大空間

テクノストラクチャーが生み出す大空間

 家族が集まるリビングは広くしたい!

そう思ってはいても、一般的な木造住宅では部屋の間口は3.6m程度。

テクノストラクチャーなら、最大間口が約6m。さらに天井高も約2.8mまで可能とタテヨコ広々のゆとりある空間を実現できます!

 

ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい!

ページの先頭へ

Copyright (C) 西和不動産, All Rights Reserved.