トップページスタッフブログ住宅ローンの種類は一体なにがあるの?

スタッフブログ

住宅ローンの種類は一体なにがあるの?

2016.12.16

住宅ローンと一言でいっても、大きく分けて3つの種類があります。その3つとは、「民間融資」「公的融資」「フラット35」です。これらの融資にはそれぞれ特徴があるので、どの住宅ローンを組むかは特徴をつかんでから決めましょう。

民間の住宅ローンについて

 

民間の住宅ローンの代表格は、銀行が提供する住宅ローンです。銀行の住宅ローンを選ぶ時には、金利と金利種類を慎重に選ぶことが大切です。金利は低ければ低いほど月々返済額を抑えることができます。

また、金利種類は大きく分けると「変動金利」と「固定金利」の2種類に分けられます。一般的には変動金利の方が金利は低いですが、金利が変動して返済額が変わるリスクがあります。

一方、固定金利は、金利は高いですが金利は一定です。そのため、月々返済額は変わりませんので将来的にもリスクは低いです。どちらにするかは、今後の金利動向を予想して選びましょう。

 

公的な住宅ローンについて

 

公的融資の代表格は「財形住宅融資」です。財形住宅融資を受けるには、勤務先で1年以上「財形貯蓄」をしていて、残高が50万円以上あることが条件になります。また、財形住宅融資は融資額が「4,000万円まで」という決まりがあります。

財形住宅融資は、組んだ当初5年間は固定金利で運用されます。ただ、6年目以降はその時点での金利が適用になるという仕組みです。金利も決して高くないので、財形貯蓄をしている人は財形住宅融資の利用を検討してみると良いでしょう。

 

フラット35について

 

フラット35は、銀行などの民間金融機関が住宅金融支援機構と提携して販売する、最長35年で金利が変わらない(金利がフラット)長期固定金利の住宅ローンになります。変動金利に比べると金利は高くなりますが、借入期間中、住宅ローンの返済額が変わらないという大きなメリットがあります。

民間銀行との大きな違いは、借入者が死亡したり高度障害になったりした時に残債が補てんされる「団体信用生命保険(団信)」です。フラット35は団信は任意加入になり、もし加入する場合は別途料金が発生します。

民間銀行の場合では、既に住宅ローンに組み込まれているので、団信は別途料金は発生しません。

 

まとめ

 

このように、住宅ローンの種類は大きく上記3つに分かれます。特に、金利タイプが異なれば、それだけ「月々返済額」と「将来リスク」に差が出てきます。そのため、どの住宅ローンを選ぶかは、今後の金利変動リスクと自分自身の資金計画を練ることが大切です。
(※本記事は2016年10月時点での情報を元に作成しています。)

ページの先頭へ

Copyright (C) 西和不動産, All Rights Reserved.