トップページ建物ラインナップ耐震住宅テクノストラクチャー

建物ラインナップ

耐震住宅テクノストラクチャー

パナソニック耐震住宅工法

01
コンセプト

1 木と鉄の複合張『テクノビーム』

木の強度は縦の力には強いですが、横の力には強くありません。
テクノビームは地震などの一時的な力にも、経年変化によるたわみにも強さを発揮。
30年後のテクノビームのたわみ量は、木製梁の1/4以下と高い耐久性を示します。

木と鉄の複合張『テクノビーム』

2 耐震実験と構造計算

実物大のモデル住宅に震度7の激震を5回与える耐震実験を実施。
主要構造体、及び接合金具の損傷や変形は見られず、高い耐震性が実証されています。
また、1棟1棟構造計算を行っております。

耐震実験と構造計算

3 パナソニックビルダーズ

「テクノストラクチャーの家」は、パナソニックの施工認定を受けたテクノストラクチャー工法採用ビルダーだけが建設・販売できます。
所定の研修を修了し、認定を受けた施工管理者が現場を管理するのも特徴。

パナソニックビルダーズ

4 テクノストラクチャーが生み出す大空間

家族が集まるリビングは広くしたい!
そう思ってはいても、一般的な木造住宅では部屋の間口は3.6m程度。
テクノストラクチャーなら、最大間口が約6m。さらに天井高も約2.8mまで可能とタテヨコ広々のゆとりある空間を実現できます。

テクノストラクチャーが生み出す大空間

02
参考プラン

耐震住宅テクノストラクチャー

1,859.5 万円(税込)

テクノストラクチャー 参考プラン例

延床面積:105.16㎡ 施工面積:111.78㎡

  • 間取り1タイトル
  • 間取り1タイトル 間取り1タイトル
間取り1タイトル

LDKはテクノストラクチャー工法だからできる広々大空間!
キッチンカウンターの対面はのんびり足を延ばせる小上がりに♪

  • 2F
  • 2F 2F
2F

お子様の成長に合わせて間仕切れる子ども部屋。
WIC前の納戸はカウンターをつけて、書斎にするのも素敵です。

03
標準仕様

耐震等級3

耐震等級3

『テクノビーム』と高強度オリジナル接合金具を使用。
さらに、耐震実験や1棟1棟の構造計算を行います。テクノストラクチャーの構造計算では388項目をチェック!

太陽光発電標準搭載

太陽光発電標準搭載

太陽光発電3.36kw相当を標準で搭載。月々の光熱費を削減できます。

熱交気調システム(第1種)

熱交気調システム(第1種)

人が一番体内に取り込むのは室内空気です。PM2.5を95%捕集し、キレイな空気を保ちます。
また、冷暖房時には室内の温度を保ったまま換気するので、冷暖房コストを抑えます。

一次エネルギー消費量等級5

一次エネルギー消費量等級5

2020年までに義務化される省エネルギー適合。西和不動産では既に基準を満たした住宅をご提案しています。
長期優良住宅やフラット35、認定低炭素住宅の基準を満たすためにも、一次エネルギー省量等級5をクリアすることは重要な条件となっています。

予約来場特典!来場予約キャンペーン!500円分のQUOカードプレゼント!

ページの先頭へ

Copyright (C) 西和不動産, All Rights Reserved.